熊谷真人になりたい。

皆さんは、熊谷真人 KUMAGAI MANATOを知っているだろうか?



いや、知っているだろう。



少なくともこんなゴミカスみたいなサイトに辿り着いた物好きなら、もはや知らないはずがない。




平成が生んだバスメーカーと呼ばれ、書いた記事は即トレンド入り。動画という新たなメディアによって荒廃してしまった記事、ブログ、人によってはテキストと呼ぶ者もいる。そんな



見るじゃない。読む文化に一石を投じるべく神の命を授かり現れた、ギガント級、いやメガトン級、捕獲レベルカンストの超大物ライター。それがKUMAGAIだ。ちなみにライターというのは炎を出すライターではない。



今回のこの記事も熊谷を参考にして書かれている。熊谷は思ったことを思いのまま書くというスタンスでやっていると聞く。羨ましい。発想の天才。神。GOD。








熊谷の真似をして面白くそしてためになる記事を書きたい。Like a kumagaaaaaaaai 。あの発想力。人を笑わせる天才。




そもそもあの記事が全て本当なら波乱万丈の人生すぎる。でも本人は全て事実と言っていたので、相当すごい人生を過ごしているんだなぁと思った次第。やはり人生次第で色々変わるのか。なるほど。







熊谷、お前には勝てん。




KUMAGAI 熊谷 いい響き。最高。Like,Love。こんなにいい響きがあっていいのだろうか?いや、いいはずがない。あってはいけない。一石を投じるべく現れた神は、まだこの世界には早すぎたのかもしれない。うへへっへへえhウェhwhwhwhwwwwwwwwwwwww日かdfっふぃくぁお




つまるところ、僕は熊谷になりたい。

→熊谷さんのブログ「もはや日記とかそういう次元ではない」

この記事へのコメント

<スポンサーリンク>